残土処理には機械を活用しよう【作業効率有能マシン】

二人

現場に合わせて変える

様々な種類がある

作業員

工事現場によって、残土処理で発生する残土の種類は変わってきます。地盤の弱い地域に建設をする時などは改良土と呼ばれる土砂を利用しますが、この土も利用しなくなった時には残土の1つになります。改良土の場合は切開などが混合している場合も多いので、機械を利用して正しく分別する必要があります。改良土の他にも、グリと呼ばれる残土もあります。グリの場合は粒が統一されておらず、大きさがまばらな残土のことを指します。他にもコンクリートやアスファルト片も残土の一種になります。この中でもコンクリートやアスファルトは、再資源化ができる可能性が高いと言われているので、いずれは残土に含まれない日が来るかもしれません。残土処理をする前に、残土として処分するべきものはなにか確かめておくことが重要です。

機械を知ろう

残土処理をするときに利用される機械で代表的なのが振動フルイ機と呼ばれる機械です。この機械を利用することによって、残土の分別ができるようになります。工事現場で発生する混合廃棄物なども分別できる機械もあるので、あらゆる残材が発生する工事現場では、様々な残土に対応できる機械を選ぶと良いでしょう。残土処理で利用する機械の中には、分別とはべつに残土を粉砕できる機械もあります。特に固い自然石やコンクリートのガラ材などはこうした機械で粉砕することが可能です。メーカーや販売会社によっては、小規模の粉砕から中規模の粉砕まで、残土の種類に応じて様々な機械と取りそろえているところもあります。